うつ病処方薬の効果と副作用は?薬では幻覚・幻聴が治りません。

うつ病と一口に言っても、症状の出方は患者によって異なります。

効果や副作用は飲んでみなければわからないのが精神薬です。

粘り強く相性のいい薬を見つけてもらいましょう。

■うつ病本来の症状を緩和させる薬。

うつ病の治療薬には、通常であれば神経伝達物質の1つであるセロトニン薬が処方されます。

セロトニンの分泌が不十分になることで、意欲の低下などが起こり、何事に対しても興味が薄れるとか、やる気がなくなるといった現象を起こしていると考えられるからです。

処方薬の中心になるのはこのような抗うつ剤で、その他の薬は患者本人の症状にあわせて医師が処方してくれます。

■患者本人の他の症状にあわせた薬。

その他の処方薬というのは、たとえばうつ病の進行にしたがって食欲を無くしている患者であれば食欲増進剤、十分な睡眠がとれていなかったり寝付きが悪かったりする患者には睡眠導入剤、睡眠薬などが適用されます。

薬にはそれぞれに効果があり、処方時には飲み合わせなどもチェックされますが、ときにはこれらの薬の副作用が強く出ることもあります。

めまいやフラつき、患者によっては幻覚・幻聴、精力減退、脱毛などが顕著になる場合もあります。

■治らない場合は医師に相談。

精神薬には本人との相性の度合いがあり、同じ系統の薬でも効くものと効かないものがあります。

医師に相談して薬を変更してもらいましょう。

抗うつ剤を処方してもらっても幻覚や幻聴が治らない場合、1つは成分量が少ないので増量してもらったりするケースと、処方薬そのものが本人に合っていないケースの2つが考えられます。

早めに医師に相談し、処方し直してもらいましょう。

◎Pickupリンク–>うつ病でお悩みの方