生活習慣によってもたらされるマイナスは、うつ病の引き金になるのでしょうか。

また改善に悪影響を及ぼすのでしょうか。

考えてみましょう。

■脳と心に休息の時間を与えることが大事。

うつ病は精神疾患の一種ですが、症状を引き起こすようになった原因の多くは、生活習慣の中にあります。

たとえば運動が嫌いで、好きなものを食べてすぐに横になるような生活を送っていると、気分転換がうまく図れなくなります。

運動は血流を良くし脳の中の神経伝達物質であるセロトニンの分泌を活発化させます。

また良質な睡眠がとれますので、睡眠時には成長ホルモンも多く分泌されます。

脳が休息をとりながらリフレッシュしている状態です。

このような理屈は、脳のはたらきのほんの一部ですが、うつ病と深く関わっています。

■デュアル運動がもたらす、うつ病改善効果。

うつ病にならない対策はたくさん考えられていますが、もっとも効果的なのは「運動をしながら計算する」などのデュアル運動です。

もともとは認知症の予防に考案された運動法ですが、最近ではうつ病予防にもなるとわかって注目されています。

要するに身体と脳の血流を良くしてあげることが主目的です。

また人にはそれぞれ性格がありますが、あまり物事を深刻にとらえないことも大切です。

思うようにならないのが人生であり日常です。

ときには軽く受け流して自分を許してあげましょう。

■生活スタイルをゆっくりと改善しよう。

生活習慣病は、極めて個人的な自分にしかわからない生活スタイルが影響しています。

医師から改善を言われたのであれば正直に見直しましょう。

生活スタイルの見直しを甘くしてしまっては、うつ病の改善には結びつきません。

しかしその一方で、急激な修正はストレスになりかねません。

まず改善すべき点を書き出しておいて1項目ずつ徐々に改善していきましょう。

急ぐ必要はありません。